クラス幹事会とは

クラス幹事会は、クラスの代表であるクラス幹事で構成され、科技高成城同窓会の活動を補佐する組織です。

クラス幹事は、卒業後の各クラスの代表として同級生同士の連絡や活動の中心となる存在です。本会活動への協力を通して、卒業生や後輩たちの活動をサポートしていく存在でもあります。

クラス幹事とクラス幹事会の役割は以下の内容になります。

役員会との連携方法や協力方法について

● 役員会とクラス幹事会の連携方法
クラス幹事への説明及び提案は定期総会を利用します。クラス幹事からの提案などは総会または役員会にて議題を提出して審議を行います。

● クラス幹事会メーリングリスト
役員会から情報の提供を目的にクラス幹事会専用メーリングリストを利用します。
定期総会開催などはこちらからお知らせします。役員会からクラス幹事へ協力を要請する場合、詳細を開催1ヶ月前に通知することになっています。

● クラス幹事の氏名公開方法
本ウェブサイトの『クラス幹事一覧』に記載されています。

クラス幹事の役割について

    • クラス幹事は成城同窓会運営の補助を行なう。
    • 同窓生に呼び掛けて、本会の活動に参加して貰えるように促す。
    • 文化祭や本会主催イベントなどへの参加や協力を行う。
    • 本会からの呼び掛けにより、年1~2回程の本会活動に参加する。

クラス幹事会の構成について

    • クラス幹事会は役員会の協力組織として、役員会の下に位置する。
    • 活動の円滑化の為、幹事長を1名、副幹事長を2名置く。
    • 本会の個人情報取り扱いの為、幹事長もしくは副幹事長を本会会長もしくは副会長が兼任する。
    • クラス幹事会より役員会へ提案を行なう場合、役員会への提出判断は幹事長と副幹事長3名による承認を必要とする。
    • 幹事長・副幹事長の任命及び更迭の権限は本会会長が有する。実行の際は役員会での採決を必要とする。
    • クラス幹事会運営費は成城同窓会会費より捻出する。
    • クラス幹事が本会の招集に応じた場合、交通費を支給する。イベントなどにより午前午後をまたぐ際は昼食もしくは相当分の金銭を支給する。